消費税と外構・造園工事について

2019年10月1日~ 消費税率8%から10%に

※以下は全て2016年12月1日時点の情報です。情報に変化があった場合、随時更新していきます。

消費税と請負工事の経過措置とは

平成28年11月の税制改正により、消費税率引き上げ(8%から10%へ)時期が、2019年10月1日に変更されました。

ただし、住宅や外構・造園工事などの請負契約の場合、ご契約からお引渡しに日数を要する場合を考慮し、適用税率に経過措置が設けられています。

消費税経過措置 図表

上の図表のように、例えば2019年(平成31年)3月末日までの契約である場合、あるいは引渡しが2019年(平成31年)9月30日までの場合、消費税率は引き上げ前の8%が適用されます。

 

駆け込み需要を考慮した計画がポイント!

消費税率の引き上げは、2%の上昇ですが、当然金額の大きい工事になるほど、少なからずご負担額が増加してしまいます。

また、消費税率アップ直前は、駆け込みでのご契約及び工事が増える可能性が考えられます。

需要が集中するため、現場で作業をする職人の人員不足や施工に必要な部材の供給不足によって、普段と比較して工期日数や費用がかかってしまうことも予想されます。

お金と計算機

特に建物のご新築に合わせた外構・お庭づくりは、ご計画から完成までの長い期間において、最後の要(かなめ)の部分になってきますので、駆け込み需要を踏まえたスケジューリングが重要です。

節税やコストの抑制をお考えのお客様は、お早めのご相談・ご契約をオススメします!

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn