うどん粉病

概要と生態

若い葉や茎の表面が糸状菌の菌糸に覆われて白くなり、うどん粉をまぶしたように白いカビが一面に生えます。
枯れることはありませんが白いカビに葉の表面が覆われると光合成が阻害され樹勢が弱まり新葉・新梢が奇形となり花が咲かないこともあります。
一年中発生しますが一般的には春と秋に多発します。

防除方法

冬季に、落葉樹は病落葉を焼却し常緑樹は石灰硫黄合剤を散布する。
常緑・落葉樹と も新葉が展開した後、マンネブ剤、ベンレート水和剤などを数回散布する

かかりやすい樹木

アラカシ、シラカシ、マテバシイ、コナラ、サクラ、サルスベリ、ハナカイドウ、ハナミズキ、モミジ、ヤナギ、アオキ、ヒイラギナンテンなど

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn