白紋羽病

概要と生態

糸状菌の白い菌糸が蜘蛛の巣状に細根から太い根、地際近くの根まで絡み菌糸膜(紋羽)をつくります。根が冒され次第に樹勢がおとろえ葉が萎れやがては枯れてしまいます。
白紋羽病の菌糸は多湿で有機物の多い地表近くの場所を好み、土中の木片や根の上で長期間生存します。

防除方法

病気の樹やその部分を取り除き、カーバム剤で土壌消毒を行った後、消毒によって出たガスが抜けてから植栽します。
近くに樹木があるときにはPCNB粉剤を散布します。

かかりやすい樹木

カシ類、こなら、梅、桜、くちなし、つげ、まさき、ツツジ

 

> 植栽・庭木特集に戻る

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn