さび病

概要と生態

葉に始め白いいぼ状の病斑ができ、やがて薄皮が破れ中からさびに似た粉(胞子)が飛びます。
このように糸状菌のさび菌目の胞子が大量発生し、樹幹、枝、葉などが、 黄橙色、錆色などになる病気を総称して「さび病」といいます。
早期に落葉を来たす為樹勢を弱らせます。

防除方法

中間奇主となる樹種の除去。ダイセン水和剤、石灰硫黄合剤などを散布する。

かかりやすい樹木

カイズカイブキ、カナメモチ、ヤナギ、ビャクシン類、ブドウ、タケ類

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn