もち病

概要と生態

新芽が展開した5~6月、葉の一部が半球状から球状に肥大する。初めは淡い黄緑色だが、その後病原菌の菌体が表面に表われ白い粉をふいた餅の様になる。そして羅病葉は萎縮し黒変して通常の葉より早く落葉する。

防除方法

葉に白い粉(この菌体が翌年の感染源になるので)がふく前に羅病葉を摘み取って焼却するか、土中に埋める。

かかりやすい樹木

つつじ、さつき、しゃくなげ、さざんか、つばきなど

 

> 植栽・庭木特集に戻る

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn