カイガラムシ

概要と生態

庭木や草花の枝・茎・葉などに寄生して汁を吸います。被害が進むと枝枯れから枯れ死にまで至ります。幼虫時には幹・枝を移動し、成虫になると定着するものが多く、またカイガラムシの排泄物によって、すす病やこうやく病を誘発します。

防除方法

カイガラムシを見つけたら竹ベラや歯ブラシでこすり落とします。薬剤で駆除する場合には、抵抗力が弱いふ化直後の5~7月の幼虫時期にスミチオン乳剤、カルホス乳剤を散布ください。成虫には樹木休眠期にマシン油乳剤を散布するとよいのですが、樹勢が衰えている樹木には薬害が出やすいので注意して下さい。

かかりやすい樹木

すべての植物に発生します。(庭木・花木・草花など)

 

> 植栽・庭木特集に戻る

 

静岡県内エクステリア施工実績トップクラス。選ばれるのには理由があります!豊富な施工実績、外構・エクステリアデザインコンテスト受賞多数、ご提案から完成まで安心の専任デザイナー制、充実の保証内容とアフターサービス。選ばれる理由はコチラ

おすすめコンテンツ

植木・庭木特集

最新の施工事例はこちら

エクステリア/外構/お庭 お役立ちコラム

 

エクステリアプランナーが住まいを快適にするプランをご提案します。メールで見積依頼

特集・お役立ち情報

channel-bn